【全国版】iQOSって売れるの?買取相場とおすすめ業者は?

全国的にタバコを吸うことができる場所が限られつつあり、健康志向が高まる中、一般的な紙巻きタバコではなく「iQOS」に切り替えた方も多いのではないでしょうか。しかし、完全に禁煙するためにはiQOSも止める必要があります。そこで今回は、中古のiQOSがいくらで売れるのか、おすすめの買取業者などをご紹介します。禁煙を志している方の手助けになれば幸いです。

iQOS とは?

そもそもiQOSとはどんなものなのでしょうか。

iQOSとは、「火を使わない加熱式たばこ」のことを指し、他の電子タバコよりも本物のタバコを吸っている感覚に近いため、「タバコを止めたいけどなかなか止められない」という愛煙家の方に人気があります。「副流煙を減らすことができる」「タールの発生を抑制することができる」などの特徴があり、タバコを吸う際にもっとも懸念される健康被害が小さいことからも人気を集めています。発売当初はあまりの人気に購入が難しいこともありました。

ただし、iQOSもタバコであることに違いはなく、体にいいわけではありません。禁煙をするためには、iQOSも手放す必要があります。ただ手放すだけではもったいないので、中古のiQOSを売りに出したいと思う方もいるでしょう。今回の記事は、そんな方にとって有益な情報が載っています。

iQOS の種類

iQOSに挿入するタバコ部分には、「レギュラー」「ミント」「メンソール」など数多くのフレーバーがあります。しかし、実はiQOS本体は4種類しか販売されていません。その4種類とは、以下の通りです。

  • iQOS
  • iQOS 2.4
  • iQOS 2.4 Plus
  • iQOS 3(MULTI)

最初に発売されたモデルが「iQOS」で、最新モデルが「iQOS 3」です。最初に発売されたiQOSは、古くなっている上に性能等も最新モデルには劣ってしまうため、買取の対象としていない業者も多いです。一方、特別モデルや限定カラーのiQOS もあるので、それらは買取価格が高くなる傾向にあります。iQOSを買取に出す際は、事前に自分が持っているiQOSが買取対象になっているか、どのシリーズなのか確認しておきましょう。

iQOS の買取価格は変動しやすい

iQOSは、同じような電子商品の中でも買取価格が変動しやすいと言われています。その原因はいくつかありますが、その1つが小さいボディの中にさまざまな機構が組み込まれているため、使用できても細かな故障をしているケースが多いという点です。例えば、ブレードが折れてしまっている場合や、ランプが点滅しているケースがこれに当たります。

その他にも、現在は若者世代を中心にタバコそのものの需要が低下しており、それも買取価格が変動しやすい原因の1つとなっています。

ただし、故障しているiQOSでも買取ってくれる業者はあるので、壊れたからといって捨ててしまうのはもったいないです。

iQOS の買取相場

買取価格が上下しやすいiQOSですが、もちろん新品であればあるほど買取価格は高くなります。ざっくりとした相場観としては、以下の表のようになります。

iQOSの状態 買取相場
新品 7,000円
中古 4,000円
故障あり 1,000~2,000円

新型iQOSの定価は10,980円なので、状態が良ければ買取価格はかなり高いと言えるでしょう。

また、iQOSの種類別の買取相場は以下の表の通りです。あくまで一部ですが、参考程度に確認してみてください。

名称 買取相場
iQOS2.4 Plus 本体キット(ネイビー) 4,000~5,000円
iQOS2.4 Plus 本体キット(ホワイト) 4,000~5,000円
iQOS 3 1,000~2,000円
iQOS 本体キット Winter Limited Edition(レッド) 8,000~9,000円
iQOS 本体キット Limited Edition(サファイアブルー) 8,000~9,000円
iQOS 本体キット Limited Edition(ローズピンク) 8,000~9,000円

やはり限定モデル・最新モデルの方が買取相場は高い傾向にあります。状態が良ければ、さらに高値で買取ってもらえる可能性もあります。

iQOS を高値で買取ってもらうために

iQOSを買取に出す場合、なるべく高値で買取ってもらいたいと思うものでしょう。そこで次は、iQOSを高値で買取ってもらうために必要なこと・やっておくとよいことなどをご紹介します。

iQOS を事前にきれいにしておく

iQOSに限らす、中古品の買取価格を高くするためには、商品の状態をきれいにしておくことが大切です。新品であれば特に何もする必要はありませんが、中古のiQOSを買取に出す場合は、事前にしっかりと汚れを取り除いておきましょう。 iQOSの買取業者は、買取後売りに出すためにクリーニングをします。きれいな状態で買取に出すことで、クリーニングの手間が省けるため買取価格が高くなるのです。

付属品も一緒に買取に出す

iQOSには、本体以外にもさまざまな付属品があります。例えば、「充電器・充電ケーブル」「ブラシ」「本体が入っていた箱」「説明書」などです。中古品を買取に出す場合は、これらの付属品も一緒に買取に出しましょう。 付属品が揃っているものの方が新品に近いと判断され、再度売りに出す際にもより高値で売買することができます。そのため、必然的に買取価格も高くなるのです。

なるべく最新モデルを買取に出す

先ほど一覧表でも説明したように、やはり最新モデルのiQOSの方が旧型のiQOSより高値で買取されます。また、旧型のiQOSはそもそも買取対象ではないこともあるので、なるべく最新モデルを買取に出した方がよいでしょう。

複数社見積もりを取る

iQOSを高値で買取ってもらうために大切なこと、最後は「複数社から見積もりを取る」ということです。iQOSに限らず、中古品の買取は一定の相場があるものの、業者によって金額に開きがあるのも事実です。また、中には悪徳業者もいて、相場とかけ離れた価格で買取られてしまうことも。 そういった事態を防ぐために、複数社から見積もりを取るようにしましょう。複数社から見積もりを取ることで、相場とかけ離れた価格を提示する業者を避けられるだけでなく、「あの店舗は〇〇円で買取ってくれるそうです」と買取価格の交渉をすることができます。

おすすめの買取業者

最後に、実際にiQOSを買取に出す方に向けて、おすすめの買取業者をご紹介します。 iQOSの買取業者には、店舗を実際に訪れて買取ってもらうところもあれば、オンライン専用の買取業者もいます。自宅周辺に買取店舗があればいいのですが、店舗がない場合や時間がなくて店舗に行けない方は、オンラインの買取業者を利用してみてください。

カウマーケット

最初におすすめする買取業者は、「カウマーケット」です。カウマーケットは、日本最大級のオンライン電子タバコ買取業者で、iQOSだけでなく「プルームテック」「glo」なども買取を行なっています。 買取までの流れが分かりやすいのも特徴の1つです。LINEで商品の写真を送信し、それを元に査定が行なわれ、買取金額に納得したら商品を発送して買取は完了です。到着次第、商品に問題がなければ即日振込が行なわれるのも、買取に出す側にとっては大きなメリットになります。

BUY王

次におすすめする買取業者は、オンラインショップの「BUY王(バイキング)」です。BUY王は、電子タバコだけでなくゲームやCD・本などの買取も行なっています。商品点数によって買取金額がUPするイベントなども行なっているので、iQOS以外にも売りたいものがあるという方には、BUY王がおすすめです。

買取マクサス

最後におすすめする買取業者は、「買取りマクサス」です。こちらもiQOS以外にも家電製品やスマートフォン・ゲーム機や貴金属まで幅広い商品の買取を行なっているオンラインショップです。ビデオチャットで査定を行なった後、自宅まで商品を引き取りに来てくれるため、自宅で仕事をしている方や時間のない方でも売りに出すことができます。ただし、買取に対応しているのは都内の一部のエリアのみなので注意してください。

中古品iQOSの買取 まとめ

タバコ離れが進む社会ですが、iQOSは依然として高い人気を維持しています。そのため、買取価格も高くなる傾向にあり、買取に出すなら需要の高い今がチャンスと言えるでしょう。今回の記事を参考に、少しでも高値で買取ってもらえるように準備しましょう。

関連記事一覧