• HOME
  • ブログ
  • お酒
  • 【全国版】お酒って高く売れるの?買取相場とおすすめ買取業者は?

【全国版】お酒って高く売れるの?買取相場とおすすめ買取業者は?

お酒は高額対象になることも!

贈答品として頂いたお酒やコレクションしたお酒などは、もしかしたら高額で買取してもらえるかもしれません。意外かもしれませんが、お酒は銘柄によっては高く売れるケースがあります。お酒を頂いたけど飲まない、コレクションしていたお酒を手放したいという方は、売却するのも選択肢の1つです。

お酒の高額売却を狙うなら、いくつかのポイントがあります。また、各銘柄の買取相場や買取業者を知っておくことで、スムーズに売却することが可能です。そこで今回は、お酒を高く売るコツと主要銘柄の買取相場やおすすめの買取業者を紹介していきます。

お酒を売却できる場所は?

お酒を売却できる場所としては、主に買取専門店とネットオークション・フリマアプリが挙げられます。買取専門店では、お酒を専門に取り扱っている買取業者や様々なジャンルの買取を行っている業者などで、お酒を売却することができます。

ネットオークションやフリマアプリでは、自分で出品することによって売却することができます。ただし、登録や手続き、発送など手間や時間がかかるというデメリットがあり、適正価格よりも低い価格で落とされるリスクもあるので要注意です。

お酒についての知識がない素人の場合、買取専門店で売却するのがおすすめです。買取専門店を利用することで適正な価格で売却することができ、面倒な手続きなどもなくスムーズに売却することができます。

買取方法は主に3種類

買取専門店・買取業者にお酒を売却する場合、買取方法は「店頭買取」「宅配・郵送買取」「出張買取」の3種類が挙げられます。店頭買取は、直接店舗にお酒を持ち込み、売却する方法です。その場で現金化できるが、メリットとなっています。

宅配・郵送買取では、売りたいお酒を郵送で買取業者に送って売却する方法です。業者の方と会う必要がないため、気軽に利用できます。ただし、お酒のビンが割れるリスクがあるので、しっかりと梱包をしておくのがおすすめです。

出張買取は、買取業者のスタッフの方が自宅まで来てくれ、査定して買取をしてくれる方法です。わざわざ店舗まで行く必要がなく、自宅にいながらお酒を売却して現金化することができます。

お酒を高額売却するためのポイント

お酒を高額売却するためのポイントは、「キレイにする」「付属品を揃える」の2つが挙げられます。お酒のボトル状態が悪ければ、マイナス査定になりやすいです。そのため、キレイに掃除しておくのがおすすめです。ただし、過度な掃除をするとラベルが剥がれたり、ビンの破損につながったりして逆効果になることもあるので注意してください。

付属品については、ヴィンテージのお酒などでポイントになります。お酒のコレクターは、中身だけでなく箱などの付属品にも価値を見出します。ですから、付属品が揃っているほど査定額アップにつながり、高額売却の可能性が高まるのです。

お酒の主要銘柄と買取相場

高い人気があるお酒の銘柄は、高額で取引されやすいです。買取専門店によって買取価格は違うのですが、ある程度の買取相場は存在します。そこでここからは、お酒の主要銘柄の買取相場を紹介していきます。

サントリー 山崎18年 シングルモルト(ウイスキー)

買取相場:30,000円~50,000円前後

サントリーから販売されている「山崎 18年 シングルモルト」は、高額で取引されている銘柄の1つです。あまりに人気が高く、原酒不足によって2015年に定価が20,000円から25,000円へ変更されています。今でも需要があり、品薄状態で買取相場は30,000円~60,000円前後となっています。

サントリー 響17年(ウイスキー)

買取相場:20,000円~30,000円前後

サントリーの「響 17年」もプレミアム価格が付いており、定価よりも高い価格で取引されている銘柄です。買取相場は、20,000円~30,000円前後となっています。また、「響 17年」はゴールドラベルや限定ボトルも販売されました。ゴールドラベルや限定ボトルは、さらに高額で売却できるため査定に出してみるのがおすすめです。

森伊蔵 1800ml(焼酎)

買取相場:15,000円前後

焼酎の「森伊蔵 1800ml」も定価よりも高額で取引されており、プレミアム焼酎として有名です。希少性が高く、抽選での購入となっているため高額で取引されるお酒となっています。買取相場は15,000円前後となっています。ちなみに、「森伊蔵 720ml」の買取相場は6,000円~10,000円前後です。

十四代 龍泉(日本酒)

買取相場:200,000円~250,000円前後

数多くある日本酒の中でも、最も入手が難しいと言われているのが「十四代 龍泉」です。高木酒造による至極の日本酒であり、日本のみならず世界からも注目されています。それだけに、買取相場も200,000円~250,000円前後と高騰しているのが現状です。とても人気があるだけあり、中身がない空瓶でも買取の対象にしている買取専門店もあります。空瓶でさえ需要があるのが、「十四代 龍泉」という日本酒なのです。

お酒のおすすめ買取業者

お酒の買取を行っている業者は、全国にあってたくさん存在しています。郵送買取を取り入れている業者も多く、全国どこからでも買取に出すことが可能です。そこでここからは、お酒のおすすめ買取業者を紹介していきます。

レッドバッカス

「他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却」をHP上で宣言しているお酒の買取業者です。上乗せ方式を採用しており、画像を送ってWEB査定やLINE査定をすることで商品の状態を把握し、状態に合わせた査定金額を提示してくれます。そのため、減額になることがなく、安心して売却することができるのです。

ワイン・ウイスキー・ブランデー・日本酒・焼酎を中心に買取を行っており、買取方法も宅配買取・出張買取・店頭買取から選択することができます。また、オークション代行も行っており、在庫管理やオークションの商品登録、購入者対応などを任せることも可能です。
【基本情報】
業者名:レッドバッカス
買取方法:宅配買取・出張買取・店頭買取・オークション代行
電話番号:0120-933-490
業者HP:http://red-bacchus.com/

ライフバケーション

ライフバケーションは、お酒買取専門店です。お酒に特化しているだけあり、専門知識が豊富で独自の販売ルートで事業を展開しています。汚れや破れがあるお酒や年代の古い洋酒、ビールや安い焼酎なども買取対象となっています。コンビニやスーパーなどで販売しているビールやチューハイは、買取の対象外という業者が多いです。そんな中、ライフバケーションならそれらも買取してくれるのです。

買取強化をしているのは、ブランデー・ウイスキー・ワイン・シャンパン・焼酎・日本酒となっているので、それらのお酒で不要なものがある場合には買取に出してみてください。買取方法は、店頭買取・郵送買取・出張買取の3つとなっています。

【基本情報】
業者名:ライフバケーション
買取方法:店頭買取・郵送買取・出張買取
電話番号:0120-019-017
業者:https://www.lv-liquor.com/

ファイブニーズ

ファイブニーズは、お酒買取専門店です。お酒を専門に扱っており、スタッフには現役ソムリエも在籍しているなど、レベルの高い専門スタッフが対応してくれます。また、多数の飲食店などと強力なパイプを築き、コレクタールートも確保することで高価買取を実現しています。

買取している商品は、ワイン・ブランデー・シャンパン・ウイスキー・焼酎・日本酒・スピリッツなどです。また、お酒のシリーズものを強化買取しており、セットで売却することで買取価格がアップになります。買取方法は、宅配買取・店頭買取・出張買取の3つです。

【基本情報】
業者名:ファイブニーズ
買取方法:宅配買取・店頭買取・出張買取
電話番号:0120-978-990
業者:https://www.sakekaitori.com/

まとめ

人気があって需要の高いお酒は、定価よりも高い価格で売却することができます。買取業者やネットオークション、フリマアプリなどで売ることができます。スムーズに適正価格で売却するなら、買取専門店を利用するのがおすすめです。

お酒を売却するなら、事前に買取相場を確認することで買取価格が適正なのかチェックできます。また、買取業者によって、同じお酒でも買取価格が違います。そのため、いくつかの買取業者を利用して一番高い価格で売却するべきです。今回紹介したおすすめ買取業者は、高額査定が期待できるので利用してみてください。

関連記事一覧