エコケーが中古スマホの海外輸出!

スマートフォンやガラケーとは比較にならない程、豊富で高機能な端末に進化しました。スマートフォンの大きな特徴でもある、アプリケーションのカスタマイズ性は個人のニーズを利用者自身で設定変更できるため現代に合ったシステムといえるでしょう。

しかし、スマートフォンのネックがあり、それは端末台の高さです。iPhoneXなどバージョンアップした新製品は、基本的に10万円を超える価格帯で手軽に購入できません。

そこで最近では中古スマホや格安スマホを利用して、なるべく端末台や通信料を安く抑えようとしている側面もあります。また、こうしたニーズに応えるように、中古スマホのリユースショップ、関連企業も出ています。

そこで今回は、中古スマホのリユースを手掛けているエコケーが続けている、海外輸出に関して解説していきます。

エコケーが中古スマホの海外輸出で売上を伸ばす

早速ですが、エコケーの中古スマホ事業と事業内容について解説していきます。

スマホを利用している方の中には、必ず新品を利用したいと考えるケースもあるでしょう。しかし、海外に目を向けてみると、中古スマホを積極的に利用している国や地域も珍しくありせん。

また、国内でもコスト面を優先して、中古スマホを購入・利用しているケースは一定数あります。中古スマホのニーズは国内外問わずある点に注目です。

エコケーが中古スマホを海外輸出

中古スマホ専門の商社エコケーは、スマホが販売され始めた時期から中古スマホの海外輸出を始めていました。売上の7割程度は、海外販売に及び一定の成果を挙げています。

2019年現在も中古スマホの海外輸出を1事業として続けていて、中東のドバイやアメリカを中心に売上を伸ばしているのが特徴です。

日本も格差社会が進んでいますが、アメリカなど海外の方が格差も広く新品のスマホを購入できない場合に、中古スマホが重宝されています。そして日本製のスマホは品質が高いので、評判も良好です。

エコケーとは

エコケーとは中古スマホ専門の商社で、代表取締役が2008年に個人事業として始め2012年に法人化しました。

その後は業務を拡大し、2019年現在では以下のような事業を進めています。

  • 法人からスマホ買取
  • 業務支援(中古スマホ買取のコンサルタントや、下取り代行など)
  • 中古スマホなどの海外販売
  • インスペクション(検品)

そして今回取り上げている海外輸出は、海外販売事業に含まれています。大手メーカーなどからスマホを一括買取した上で検品も行い、メーカー側の海外進出へ足掛かりにもなる海外販売事業を請け負う仕組みです。

中古スマホの利用メリットとは

ここで改めて中古スマホの利用メリットについて整理します。中古スマホのリユースショップについて、まだ不安を感じている方は特に参考にしてみてください。

中古スマホを利用するメリット

中古スマホを利用するメリットは、主に以下のような内容です。

  • 新品と比較して端末代金を安く済ませられる
  • 新品に近い状態でも半額以下で購入できることがある
  • 販売終了した型番を販売している
  • 安いので複数使用しやすい

基本的に中古スマホのメリットは、コスト面に関する項目が多いです。また、格安スマホと組み合わせたら、端末代金と通信料も安く抑えることもできます。

つまり、格安スマホと同時に機種変更も検討している方や、端末代金の高さに悩んでいる方におすすめといえるでしょう。

スマホは以前の型番でも連絡手段としては十分といえ、高機能すぎる最新スマホに対して必要性を感じない方にも中古スマホはメリットのある選択肢です。

しかし、保証期間が過ぎている端末があったり、劣化している場合もあったりするのでリユースショップの品質管理を事前に確認することが大切です。

中古スマホの海外輸出事業は今後も伸びるか

エコケーは中古スマホに特化した商社ということもあり、中古スマホに関連する事業を複数展開しているのが特徴です。そして中古スマホは、海外でも需要があり検品された動作可能な端末は人気もでやすいです。

スマホ市場は横ばいに近い状態で、高価格帯に対応できない・しないユーザーにとっては中古スマホの魅力は多いのではないでしょうか。

中古スマホのリユース事業も同様で、今後も一定の需要が続くと考えられます。

参考URL:
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_3715.php
https://boxil.jp/beyond/a6149/

関連記事一覧