中古携帯通販サイトがオープン!概要や特徴について解説

スマートフォンの購入予定者の中には、主に価格面で新規購入をためらっているケースもあるのではないでしょうか。

近年ではスマートフォンやガラケーの中古市場も活発になっていて、携帯市場と呼ばれる企業では中古携帯通販サイトをオープンしました。

そこで今回は中古スマホに興味がある方へ向けて、携帯市場の概要をはじめ中古携帯通販サイトの特徴も紹介します。

携帯市場が中古携帯通販サイトをオープン

携帯市場とはスマートフォンやガラケーの販売や買取を行う企業で、10月1日に新しいサイトをオープンしました。

まずは中古携帯通販サイトの概要などについて、分かりやすく解説します。

10月1日に携帯市場オンラインをオープン

携帯市場では、2019年10月1日に中古スマホの通販サイト「携帯市場オンライン」をオープンしました。

携帯市場オンラインは、iPhoneをはじめAndroidスマートフォンやガラケーまで取り扱っている、豊富なラインナップも魅力です。また、合計で1000台程度の携帯電話を販売しているので、多種多様なニーズに応えられます。

中古スマホの価格設定は、新品のスマホに対して半額以下が多いため5万円以下で購入できる機種がほとんどです。

携帯市場オンラインの利用方法

携帯市場オンラインの使い方ですが、まずは携帯市場オンラインの公式サイトへアクセスします。そして、無料の会員登録を行うと、中古スマホ・ガラケーの購入保証が3ヶ月延長されます。

続いて購入予定の中古スマホをカートに入れて、決済へ移ります。決済方法はクレジットカードや代金引換、銀行振り込みなどさまざまです。そして決済が完了すると、指定した住所へ配送されます。

会員登録については登録なしで購入できますが、保証期間1ヶ月となるため登録することをおすすめします。

携帯市場オンラインの特徴

携帯市場オンラインの特徴は、中古スマホリユース業界で初めてd払いに対応したことです。

NTTドコモが提供しているdポイントとは、いわゆるポイント制度のことです。また、スマホ購入などで利用できるサービスです。

そして携帯市場オンラインでは、中古スマホ業界で初めてドコモが提供しているdポイントと提携し、中古スマホの購入や買取時にdポイントを貯めたり利用したりできます。dポイントを利用するためには、dアカウントの作成が必要です。

携帯市場とは

続いては、携帯市場オンラインを運営している、携帯市場について解説します。携帯市場は中古スマホやガラケーを取り扱っているので、買取や安く購入したい方におすすめです。

携帯電話の買取と販売を行っている

携帯市場は2008年1月に創業した、中古携帯電話の買取と販売を実店舗やECサイトでサービス提供している企業です。

スマートフォンの買取・販売で対応している機種は、iPhoneやAndroidスマートフォン、ガラケーとさまざまです。さらに大手3キャリアの端末を取り扱っていたり、数年目の機種も販売していたり豊富な点も携帯市場の魅力でしょう。

多数のECサイトを運営

携帯市場は多数のECサイトを運営しているのも特徴で、買取サイトが2つ・販売サイト5つから選ぶことができます。

具体的には、楽天市場に出店しているスマホ販売・ガラケー販売が2サイト、独自サイトが1つ、ヤフーに出店しているサイトが2つといった内訳です。

買取サイトは、スマホ専用サイトとガラケー専用サイトに分かれています。また、出張買取に対応しているので、仕事で忙しい方や実店舗まで遠い方も利用可能です。

携帯市場オンラインはd払いに対応するなど新しい試みに挑戦している

携帯市場は2008年創業とスマホが普及する前から、携帯電話の買取や販売を始めている実績のある企業です。

また、2019年10月1日にオープンしたサイトは、スマホやガラケーをオンラインで買取できるだけでなく、中古スマホ市場で初めてdポイント払いに対応しています。

販売価格は5万円以下で購入できる端末がほとんどのため、スマホ購入の予算が5万円や3万円といった方も利用できる価格設定でしょう。

中古スマホの購入を検討している方は、オンラインで購入手続きを進められる携帯市場オンラインも検討してみてください。

参考URL:
https://keitaiichiba.co.jp/business/index.php#a3
https://shop.keitaiichiba.co.jp/
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1910/04/news121.html

参考画像URL:
https://keitaiichiba.co.jp/business/index.php#a3
https://shop.keitaiichiba.co.jp/

関連記事一覧