三好不動産

三好不動産のリユースや買取市場参入について解説

一般的に買取やリユース会社は、事業立ち上げ当初から買取サービスなどを手掛けるケースが多いイメージでしょう。しかし、最近では買取やリユース市場も多様化しているような動きもあり、不動産業界から参入しています。

福岡県に拠点を置く不動産会社の三好不動産は、2019年10月から新たなサービスを開始しました。

今回は買取やリユース市場の変化が気になる方へ向けて、三好不動産の概要をはじめ、新サービスについて分かりやすく紹介します。

三好不動産とは

まずは三好不動産とは、どのような会社なのか概要を解説します。三好不動産は海外向け事業も手掛けている不動産会社としての特徴もあります。

三好不動産の概要

三好不動産は1949年に個人商店として創業し、1951年に法人化・株式会社三好商店として事業を展開します。現在の「三好不動産」は1969年に改称し、不動産事業の拡大を続け現在にいたります。

三好不動産の主な事業は賃貸物件の管理や仲介、売買仲介や家族信託など、不動産に関するあらゆるサポートサービスを提供しているのが特徴です。

また、元々リユースや買取事業に参入している訳ではありませんが、創業当時は質屋として開業しています。

三好不動産の特徴

三好不動産の特徴は、不動産物件の紹介だけでなく活用方法の提案やサポートや、外国人投資家に向けた物件紹介など、幅広い事業を手掛ける力やノウハウです。

不動産事業というと、物件紹介や売買仲介などをイメージしますが、他にも事業は多数あるので、豊富な実績や知識、ノウハウが必要です。その点三好不動産は、不動産に関連する知識や技術を保有しています。

また、幅広い事業展開や目利きは、次の項目で紹介するリユース事業にも繋がっていると考えることができます。

三好不動産のリユースや買取市場参入とは

続いて三好不動産が新たに始める、リユース事業などについて分かりやすく紹介します。三好不動産は、中古家電のリユースサービスなどを始めるだけでなく、既存の不動産事業と組み合わせているのが特徴です。

リユースサービス

三好不動産では2019年10月1日から、賃貸物件入居者向けに家電の販売サービスを開始しました。

取り扱っている家電は中古ですので、いわゆるリユース事業です。また、販売している中古家電は、冷蔵庫と洗濯機、電子レンジと3つをセットにしています。

費用は10年以内の製品で大手メーカーの場合は36000円で、メーカーや年式不問の家電セットは27000円と更に安いのが特徴であり魅力です。

利用者のメリットは家電を買いそろえる手間がないことと、安く3点を購入できるところです。

中古家電のレンタルサービス

三好不動産の中古家電を提供するサービスには、販売だけでなくレンタルサービスも始めている点にも注目です。

三好不動産の「リユース生活」では、一時的に住むなどさまざまな理由から家電を購入したくない方に向けて、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジの3点を月3000円(照明器具を追加した場合は月3500円)で利用できるサービスも提供しています。

ですので、これから一人暮らしを始める方や、出来る限り引っ越し費用を抑えたい方は、レンタルサービスも検討してみると良いでしょう。

三好不動産

三好不動産の新サービスは既存のリユース事業にはない強みを持っている

一般的にどのような市場でも、後発組が先行者と同じことをしても苦戦を強いられるところです。三好不動産の場合は、自社の強みでもある不動産事業とリユース事業を組み合わせた、新しいサービスを提供しています。

不動産と関連している引越しや、引越しに伴う家電関係のごみや処理問題などに目を付け、中古家電の販売やレンタルサービスを作りました。

このように買取やリユース市場は、まだまだ成長や展開の余地があります。今後も、さまざまな企業が行う、新しい試みやサービスに期待できます。

参考URL:
https://www.miyoshi.co.jp/files/optionallink/リユース生活リリース.pdf
https://www.miyoshi.co.jp/
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_4082.php

参考画像URL:
https://www.miyoshi.co.jp/
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_4082.php

関連記事一覧