中古工具リユース アクト

工具とリユースを組み合わせた事業にも注目!リユースサービスも紹介

工作機械や工具は、製造業に必須なツールですが状況によっては負担になることもあります。それは、生産状況や受注している製品によって、使用しない工具類も出てきてしまうことです。

工具類の取り扱いに悩んでいる事業主は、中古工具のリユースなどに注目してみてはいかがでしょうか。最近では東京オリンピックによる影響もあり、中古工具のリユースを始める企業もあります。

今回は工具のコストや取り扱いに悩んでいる方へ向けて、中古工具のリユースを中心にご紹介していきます。

中古工具とリユースの需要

まずは工具とリユースの相性や需要、近年の傾向などについてご紹介していきます。

フリマサービスと中古工具

スマホの普及と共に台頭してきたサービスといえば、フリーマーケットアプリ、通称フリマです。フリマアプリがリリースされたことにより、これまでリユースや買取に興味の無かった個人も参入するようになりました。

しかし、一方でフリマサービスにも懸念されるポイントがあります。それは、品質や信頼性です。日用品など精度や強度を重要視しなくてもよい製品であれば問題ありませんが、建設現場や製造現場で使用する工具は問題があります。また、仮に品質面で問題がなかったとしても、匿名・個人で誰もが出品できるフリマアプリを活用して、工具を購入しようと考えるケースが少ないでしょう。

中古工具専門サービスの需要

フリマアプリなど、個人が自由に買取・リユースできるサービスは、日用品やアパレルなど日常生活で使用する範囲の物であれば比較的問題ありません。しかし、製造現場で使用する工具に関しては一定の強度や精度を必要とするため、適切な管理を行っている事業者から購入しようと考えるところです。

工具に関してはリユース・買取業者が販売すると、信頼性を確保しやすい側面もあります。

そして買取業者の中には、日用品や家電製品だけでなく工具買取・リユースに参入するケースもあり、買取王国も中古工具リユースに参入した企業の1つです。

買取王国はホビー関係を軸に買取・リユース事業を展開していましたが、工具の買取・リユース事業にも参入し売り上げを伸ばしています。

中古工具の買取には認証が必要

中古工具の買取・リユース事業は、成長市場の一方で注意点も存在します。注意点とは建設現場や製造現場で盗まれた盗難工具を買取に出す悪質なケースです。

買取・リユース業者側は、単に買取手続きや販売を行うのではなく、買取サービス利用者の本人確認や身分証明など、一定の対策が求められます。

中古工具リユースサービス大手のアクト

ここでは中古工具リユースを展開している、アクトの特徴をご紹介します。

中古工具リユースサービスは、国内にいくつか存在しますが中でもアクトは中古工具市場で大手企業です。

アクトの特徴

株式会社アクトは、1975年創業の老舗企業で、3つの事業を展開しています。主な事業内容は、中古電動工具販売と総合リサイクル、貴金属・ブランド買取の3種類です。

中古工具の買取やリユース、修理を手掛けているのは「アクトツール」と呼ばれるサービスで、関東圏を中心に12店舗を出店しています。

アクトは工具輸出事業も展開

アクトが運営しているアクトツールは、海外にも定期的に工具の輸出を行っています。買取やリユースは、海外も需要が高く中古工具も同様です。

特に国内で需要が下がった工具は、海外に輸出することで多数の工具が必要な地域へ提供・供給できます。

中古工具リユース

中古工具サービスは専門業者に優位性のある市場

フリマアプリの普及によって、買取・リユース事業は伸び悩んでいるようなイメージをしてしまいますが実際は違います。

特に中古工具は、プロの買取・リユース業者によってメンテナンス・修理されたものでないと、購入しようとは考えにくいものです。そのため買取・リユース業者の中には、既存の分野に加えて中古工具市場に参入しています。

工具コストに悩んでいる事業者は、この機会に中古工具リユースサービスを利用してみるのもおすすめです。

参考URL:
https://act-corp.co.jp/business/act_store/
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_4103.php

参考画像URL:
https://act-corp.co.jp/business/act_store/
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_4103.php

関連記事一覧